成長痛 | オスグッド・ジャンパー膝・シンスプリント/宮城県仙台市青葉区 仙台メディカル整骨院
MENU

成長痛 | 宮城県仙台市青葉区 仙台メディカル整骨院

ヘッダー

成長痛

成長痛(代表的なものとして、オスグッド・シンスプリント・ジャンパー膝・野球肩(肘)・テニス・ゴルフ肘)は、当院では保険ではなく『自費施術』を強くオススメ致します。自費施術だと細かな部位制限などの規制がないので、痛い所だけではなく関連部位などトータルメンテ的な施術も可能になります。よって痛みが軽減する過程も早いです。

オスグッド・シンスプリント・ジャンパー膝は、1~5回以内に軽減する方は多いです。

野球肩(肘)・テニス・ゴルフ肘は少し時間がかかる傾向があります。
軽度の痛みはプレー中・プレー後の痛みで済みますが、重症化すると日常生活・部活動・パフォーマンスにも影響を及ぼしますので早めの受診をオススメ致します。
☆お得な学生向け回数券もございます。(最大二回分お得です。)詳しくはコチラをクリック

成長痛/オスグッドで悩んでいる学生必見!

成長痛は、いわゆる骨端症(こったんしょう)とも呼ばれ、成長期に成長軟骨の部分に痛みを生じる障害です。

成長期ですから骨はどんどん成長するのに、筋肉によっていつも強く引っ張られていると言うような状況で、その「引っ張られる力」に、まだ固まっていない成長過程にある柔らかい軟骨が負けてしまいます。
炎症を起こしたり、ひどくなればその軟骨が剥離してしまって強い痛みがでます。
激しいスポーツを行っている子供に多く見られる障害です。

痛みの出る部分

小学2年生から5年生ごろには「かかと」、5年生から6年生ごろには「膝」、中学生になれば「腰」
言う具合に成長する骨によって痛む部分が変わってきます。
これは成長期によって大きく成長する部分が違うからです。
ヒザや踵へ掛かる負担を出来る限り軽くする為に、特に入念に運動前のウォームアップ〜ストレッチ、練習中の休憩時間にも出来ればこまめにストレッチを行って下さい。

運動後には痛みのある部分をアイスバッグなどで冷やすようにしましょう!これにより患部の腫れが、かなり抑えられます。

きっと痛みが和らぐのも実感できるハズです。

① オスグッド(成長痛)の治療

成長痛は適切な指導と治療さえ受ければ、タチの悪い障害ではなく、一時的にスポーツを休んで安静にしたり、専用サポーターやテーピング、ウレタン・パッドの装具療法により、膝や、踵の負担を取り除いてあげれば痛みが和らぎ、またスポーツが出来るようになります。
ただ、成長痛には個人差があり、自然に痛みが消える場合もあれば、無理をすればどんどん痛みが増してゆき、成長期が終わってからも痛みが残る場合もあります。

当院の施術

1. 最新の電気治療器を使い筋肉を緩めて、患部の炎症を取り除きます。
2. 原因となる膝蓋靭帯・靭帯付着部を無痛ゆらし療法で痛みを取り除きます。
3. 原因となる筋肉・筋硬結部をテーピングにてピンポイントに狙い硬さを取り除きます。

1~3の行程全てにおいて原因となる筋肉・靭帯をしっかり狙っていきますので非常に治療効果が高いです。

② シンスプリント

シンスプリントとは、下腿内側に位置する脛骨に痛みが発生する症状です。
痛みは脛骨に沿ってうずくような鈍痛で始まります。
疲労骨折のようにある一点に集中する痛みとは違い、骨にそって全体的に痛むのが特徴です。
多くの場合、運動を開始した段階で違和感を感じるものの、運動中は違和感が消えますが、運動が終了するとまた違和感が戻ってきます。
そして症状が進むにつれ、違和感は段々ひどくなり、運動している最中痛みがずっと持続するようになります。
最終的には、なにげない日常生活の他の動作でも痛みが伴うようになってしまいます。

シンスプリントの症状

・すねの内側に違和感や痛みが生じる
・痛みは比較的鈍痛

この痛みは下腿のランニング障害の最も多い原因の一つですが、他のどのようなスポーツでも、急にハードなトレーニングを集中的に行った場合に発生することが多いです。
動をやっている方はシンスプリントを我慢すべきではありません。
練習をによって痛みを感じたり、痛みを感じる時間が長くなってきたようであれば速やかに治療を受けることをおすすめいたします。

シンスプリントに関するお悩みは、お気軽に当院までご相談下さい。

③ ジャンパー膝

ジャンパー膝とは、大腿四頭筋腱や膝蓋腱の炎症で痛みが出てきます。
スポーツをやることで起きることが多く、バレーボールやバスケットボールなどジャンプ動作を長時間繰り返したり、サッカーのダッシュ動作やキック動作を繰り返したりするなど、膝を酷使することにより起こるスポーツ障害です。

どうやって起こるの??

ジャンパー膝は、ジャンプやダッシュなどによる膝関節の屈伸動作を頻繁に、なおかつ長時間にわたって行うことにより、膝蓋腱に繰り返しの過度な伸張ストレスがかかり、微小な損傷が腱繊維に起きます。
このことが原因で炎症が起こり、力学的な脆弱性、腱の変性がもたらされます。
また、動作に問題がある場合も多く、着地時などでKnee㏌(膝が内側に入る動き)傾向になると膝蓋腱内側にねじれを伴った伸張ストレスが加わり、さらに曲げる角度が増すにつれて同部位への伸張ストレスも増大し疼痛に繋がります。

どんな症状??

ジャンパー膝は、膝の前面にある膝蓋骨(膝のお皿)の最下部に発生する痛みです。
最初はわずかな痛みや違和感程度のものですが、治療をせずにほおっておくと痛みが強まり、何もしていない時も痛むようになり、歩くことも不可能になる場合もあります。
症状は、通常、数週間という長い期間を経て徐々に悪化していきます。患部を押すと強い痛みを感じることもあります。
アスリートの10代~20代に起こる可能性が高く、発生しやすいスポーツはバレーボールやバスケットボールなどジャンプ系競技や跳躍系陸上競技などですが、サッカーやランニング動作のある他のスポーツでも起こります。

ジャンパー膝の重症度の分類4選

軽傷・・・スポーツ活動中で痛みを自覚するが、スポーツには支障がない
中等度・・・スポーツ活動中、活動後に痛みはあるが、スポーツ活動に支障がない
重症・・・痛みは常にあり、スポーツ活動に支障がある
最重症・・・膝蓋靭帯の部分もしくは完全断裂

どうやって治療するの?

ジャンパー膝は、膝を酷使し過ぎているか、負荷がかかる体勢や筋肉の状態になっていることが原因であることが多いです。当院では、まず問診等にて原因となっている動作や部位を明らかにし、施術を行っていきます。

繰り返し発症しない体作りをする為に、膝関節、足関節のアライメント調整や関係する筋肉をバランスよく活用できるようにしていきます。
(アライメントとは、膝関節や足関節の正しい使い方を習得するということです。関係する筋肉は、大腿四頭筋と臀筋、ハムストリングスです。)
ジャンパー膝になる方は、四頭筋ばかりを優位に使ってしまっているケースが多く、臀筋やハムストリングスをうまく使えるようにしていきます。

ジャンパー膝が、なかなか治らずお困りの方はぜひ、当院へ来院してください。

④ 野球肘(肩)

野球肘は練習や試合などで肘を使い過ぎることが原因となり、中でも特に投球数の多いピッチャーに多くみられるスポーツ障害のひとつです。
野球肘は一度発症してしまうと再発することが多く、無理をしてボールを投げ続けていると症状が悪化してしまい、物を持つだけで激しい痛みに襲われることもあります。
野球肘は少し我慢すればボールを投げることもできますが、放置をして悪化させてしまってからでは治りも悪くなりますので、最悪の場合は野球を続けることも難しい状態になってしまいますので、肘に少しでも違和感や痛みが出たら早めに仙台メディカル整骨院までご相談ください。

⑤ テニス肘

テニス肘はテニスをしている方なら誰でも引き起こる恐れのある症状で、一度発症すると何度も繰り返してしまう確率も高いと言われています。
再発を繰り返していくうちに症状が悪化してしまい、完全に痛みや不快感が取れなくなってしまうケースも見られます。
テニス肘はテニスのラケットでボールを勢いよく打ち返すことで肘に負担がかかり、痛みや不快感といった症状があらわれてしまいます。
バッグハンドでボールを打ち返した際に発症するケースも見られ、正しい身体の動かし方ができていないことが原因と考えることもできます。
同じテニス肘の症状でも原因や症状の程度、回復状況などは異なってきますので、オーダーメイド施術でしっかりとサポートしていきます。

⑥ ゴルフ肘

ゴルフを続けていると肘が痛くなることがあります。
クラブで地面を叩いたり、ボールのインパクトの瞬間に衝撃が走り痛みが出てきます。
肘の外側が特に痛くなることが多いです。
クラブの握り方やスウィングフォームで変わってきます。
ドライバーなどの飛距離を出すクラブは特に痛みが出てきやすいです。
肘の痛みでクラブが振れなく辛い思いをしている方がたくさんいます。

国家資格を取得している施術師が、早期改善と再活防止を目指した施術でサポートいたします。
野球・テニス・ゴルフ肘をしっかりと改善させたいと考えるなら無理をすることなく、症状の初期の段階で適切なケアを受けることが重要な鍵となります。

 

時間 学生施術(全メニュー対応)
40分 ¥3,500

 

スポーツ障害こちらもドウゾ。

スポーツ障害

パフォーマンスケア・スポーツ整体

パフォーマンスケア・スポーツ整体

膝の治療

 

院へのアクセス

仙台メディカル整骨院
【住 所】 〒980-0802 宮城県仙台市青葉区二日町8-29 K-1二日町 1F
【TEL】 022-398-8345