MENU

宮城県仙台市青葉区 仙台メディカル整骨院

ヘッダー

未分類

スキーで転倒して打撲や捻挫を負ってしまったという場合、仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院にて専門治療が出来ます。
スキー初心者の方は転倒することも多いので、怪我をしやすいのですが、楽しくてちょっとの痛くても我慢してしまいがちです。
もちろん中級者以上の方もちょっとのミスやゲレンデの状態によって転倒して怪我を負ってしまうということもあるでしょう。

また、尻もちをつくように転んでしまって腰に大きな衝撃が加わり腰痛を負ってしまうということも多々あります。
病院では湿布や痛み止めを処方されるのですが、腰痛を一度抱えてしまいますと、痛みが後まで長引いてしまったり、うまく力が入らなくなってしまったり、場合によっては痺れが出てくることも御座います。

スキーによる怪我は仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院にお任せください。
たとえ腫れや痣などの外傷が無くてもつらい痛みがあるという場合には、転倒した衝撃で骨格がズレてしまったりしていることもあり、ズレを正常な状態に戻してあげないことには完治しないのです。
スキーは楽しいスポーツですが、怪我をしてしまいやすいために、しっかりと身体のケアをしてあげることが大切です。

ダイエットや健康維持のためにマラソンを始めたのに、腰や膝、足首などを傷めてしまうという方も少なくありません。身体を壊してしまっては、全くの逆効果ですので、そうならないようにするポイントや、痛みを感じたときの治療などについてご説明します。

まず、日頃からあまり運動をされていなかった方が気合を入れてマラソンをすると、自分の筋力以上の力が身体のあちこちに負担となってかかってしまい痛みだしたり、正しいフォームで走れていないために痛みが出てきたりするのです。また、一度に身体に無理をさせてしまうということも原因の一つになります。

もし痛みを感じたときには決して無理をしてはいけません。お早めに仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院にて治療をおすすめいたします。
痛みを早く取り除くことはもちろんのことですが、身体のバランスを調整することによって今後痛みが出ないように予防にもつながります。また、身体のバランスが整うと正しいフォームで走ることが出来るようになります。

マラソンは上手におこなえばとても健康に良いですし、ダイエット効果も抜群です。長く続けられるように、仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院にて身体の調子を整えていきましょう。

ラクロスというスポーツは、日本ではあまり馴染みのないスポーツかもしれませんが、大学などでは部活やサークルなどで男女問わずにプレイされている方も多いことでしょう。
ラクロスに多い怪我というと、捻挫や打撲、肉離れ、関節の痛みなどが挙げられます。こうした怪我を素早く改善させていくための治療は仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院にて受けられます。

日頃から練習前後にはストレッチなどをして怪我の予防をしていくことも大切ですが、いくら予防していたとしても、ラクロスの練習や試合中に怪我をしてしまうことがあるでしょう。
スポーツによる怪我の応急処置で大切なのは、安静にして患部を冷やすということです。
きちんと応急処置が出来ていれば回復も早くなりますが、怪我の程度によってはかなり腫れあがってしまったり、痛みが長期に渡って続いてしまうということも御座います。
我慢をせずに仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院までご来院ください。

ラクロスの練習や試合で出来るだけ怪我をしないようにするために、正しい身体の使い方が出来るように仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院にて身体のバランスを矯正しておくということも効果的です。

剣道はしっかりと防具をつけておこなうためにあまり大きな怪我をすることは無いと思われるかも知れませんが、攻撃に当たらないように避けた際に防具が無い部分で受けてしまって打撲をしてしまうこともあります。思い切り振りぬいて攻撃をしますので、かなりの衝撃ですし、当たり所が悪ければしっかりと治療をしていかないと痛みが続いてしまうこともあるでしょう。
また、剣道にはフットワークの練習も欠かせません。基礎練習を繰り返しおこなっていることによって、膝や腰に負担がかかり過ぎてしまって痛みが出てくることも御座います。

特に、身体のバランスが悪い状態で練習をおこなっていることで、一部分に余計に負担がかかってしまって痛みを出すということも多いので、剣道選手は身体のバランスを整えておくという施術も必要です。

仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院では、打撲の痛みは物理療法などによって素早く痛みを取り除き、そして全身のバランスを整えて回復力を高めて効果的に改善させていきます。
さらに仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院にて身体のゆがみを矯正しておきますと、姿勢も良くなり今まで以上にスムーズに身体が動くようになります。

お子さまの習い事としても人気の高い空手。型の稽古をしているときには怪我をしてしまうということはあまりありませんが、競技者として大会に出たりしている場合には、組手の稽古中や試合中に怪我をしてしまうことも御座います。
ヘッドギアやグローブをつけていても、身体には大きな衝撃が加わりますので、打撲を負ってしまったり、捻挫をしてしまったりなどさまざまです。ひどい場合には靭帯を損傷してしまったりすることもあります。

仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院では、こうした空手による怪我の治療を得意としており、つらい痛みを素早く取り除いていく施術をおこなっております。
打撲や捻挫などを負っている状態で無理をして稽古を続けてしまいますと、どんどん悪化して腫れがひどくなったり、少し動かすだけで痛みが出てきてしまうということもあり、日常生活にも支障が出ることも御座います。

痛みが出たときには、まず稽古を中断して安静にするようにしましょう。仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院の空手治療では、さらに早く痛みを取り除くための施術、そして後遺症を残さない施術が可能です。また、試合後の全身のケア、メンテナンスなどもお任せください。

オリンピックや世界選手権などでたくさんの日本のレスリング選手が活躍しておりますので、人気も高く、自分もやってみたい!と思うお子さまも増えてきているのではないでしょうか。
ただ、レスリングというと格闘技ですので、気になるのが怪我や障害についてです。お子さまに習わせて大きな怪我をしてしまわないかと心配になるかと思います。

レスリングにかかわらず、どんなスポーツでも怪我や障害になってしまうことはありますので、特別心配することはありませんが、それよりも大切なのがもし傷めてしまったときに何処で治療をしたら良いのかを知っておくということです。

レスリングは全身を使うスポーツであり、筋肉や靭帯、関節などを損傷してしまうこともあります。仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院ではそういった怪我の治療を得意としております。
痛みがあるのにもかかわらず病院ではその原因が見つからないという怪我や障害も御座います。
痛みが続くようでしたら、お早めに仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院までご来院ください。軽い痛みであっても、思うように力が入らなくなってしまって練習の効果も薄れてしまいます。無理をせずに早めに治療を開始することをおススメいたします

バレーボールは学校の部活動でも男女ともに人気が高く、たくさんの方にプレーされているスポーツです。かなり激しい動きが求められますので、怪我や障害を負ってしまうことも多いため、練習や試合前後などにはしっかりとストレッチするなど身体のケアをしてあげないとなりません。しっかりと身体を休めてあげるということも大切です。

バレーボールのポジションによっても、求められる動きが異なります。主にブロックやスパイクをする、トスを上げる、レシーブをする、などといった動きの違いによっても傷めてしまう部位などに差が出てきます。
肩や肘、腰、足首、膝など、どのような部位でも効果的なバレーボール治療が出来るのが仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院の施術の特徴でもあります。

仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院では、患者様が抱える症状について、筋肉や関節、骨格など、痛みの原因がどこにあるのかを把握し、出来るだけ早く回復してプレーに戻っていただけるように心がけております。
全身のバランスを調整していくことで、回復力を高めていったり、身体に負担をかけずに怪我や障害が起こりづらくなるような強い身体作りのための施術にも力を入れております。

チアリーディングでのアクロバティックな技というのは、とても見応えがありキレイなものですが、万が一失敗してしまうと大きな怪我につながってしまいやすくなります。
たとえば、空中に投げられて、下にいるプレイヤーが受け止めるという技で、もし上手にキャッチが出来ずにそのまま下に落っこちてしまうと、全身強く打ちつけられてさまざまな怪我につながってしまいます。
チアリーディングの技を成功させるためには、しっかりと練習を積まないとなりません。本番で成功させるために、練習では何回も失敗を繰り返していることでしょう。

仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院では、チアリーディングで傷めてしまった部位の痛みを早期に取り除いていく施術が出来ます。
背中や腰などを強打してしまって、なかなか痛みが抜けない、痺れが出てきている、などの場合には、ただお薬を飲んでいるだけでは症状が改善されないことが多いのです。

仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院では、衝撃によってゆがんだりズレてしまっている骨格、関節、筋肉などを元の正常なバランスへと整えていきます。ただの打撲ではないケースも多いため、怪我をしてしまったらお早めにご来院ください。

バドミントンは、かなりのスピードで展開するスポーツです。そのスピードの中で思い切りラケットを振りぬいているわけですから、肩には相当な負担がかかってしまいます。
テニスボールとは違ってシャトルの方が軽いのであまり負担がかからないのでは?と思われてしまうこともありますが、一回の試合でスイングする動作はバドミントンの方が多く素早い動作ですので肩を傷めやすくなってしまうのです。
また、腰や膝、足首などを傷めてしまうことも多く、素早い動きについていくためにはたとえ軽い痛みでもしっかりと改善させておくことが大切です。

仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院では、こうしたバドミントンでの怪我や障害をしっかりと素早く治すための専門治療をおこなっております。
痛みを我慢して練習を続けてしまいますと、スイングするときに激痛が走って思うように打てなくなってしまうことも御座います。

仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院では、手技療法や物理療法など組み合わせながら効果的に症状の改善に努めております。
全身のバランスを正常な状態へ整えていくことで、肩にかかっていた負担が無くなり、スムーズに動くようになっていきます。

足首の捻挫や、膝の靭帯損傷、突き指などバスケットボールによる怪我には全身色々なものが御座います。
ジャンプ動作が多いスポーツですので、膝に負担がかかってしまっていたり、着地したときに失敗して足首を捻ってしまうということが多いのです。

ちょっとした痛みだったら我慢してしまってそのままプレイを続行されるというプレイヤーも多いのですが、後になってからかなり大きく腫れてしまったり、痛みが強くなってきてしまうということも多いため、バスケットボールによる怪我を負ってしまった際には、早めに練習をストップして仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院までご来院ください。

また、バスケットボールによる怪我の中には、ジャンパーズニーという障害もあります。これはジャンプをする際の膝の曲げ伸ばしが繰り返されることによって起こるものです。ジャンプは、バスケットボールプレイヤーには欠かせない動作ですので、知らず知らずのうちに膝が損傷してしまっているということもありますので注意しましょう。

仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院での治療は、全身のバランスを診て正しい身体の使い方が出来るように調整もおこなっていきます。そのため、バスケットボールによる怪我をしにくい身体作りにもつながります

野球による怪我の代表的なものというと、「野球肘」や「野球肩」が挙げられます。特に毎日一生懸命練習している中高生世代のピッチャーの方は気をつけていかなくてはなりません。
肘や肩に痛みがあっても、シップを貼ったり冷やしたりするだけで特別な治療を受けてないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今はまだ軽い痛みだからと思っていても、後から強い痛みになったり、その痛みがなかなか取れずに後遺症として残ってしまうこともあるのです。
手術でしか治せなくなってしまうほどに悪化してしまうというケースもあるほどです。

仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院ではこうした野球による怪我の痛みを緩和させるだけではなく、根本から治していくという治療をおこなっております。
今後も思い切り野球をプレイし続けていきたいというのであれば、出来るだけ早めに仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院にて治療を始めましょう。

野球による怪我には他にも、走りこみによって膝を傷めてしまったり、ボールをキャッチしようとしたときの突き指、スライディングによって足首を捻挫してしまったりなど様々なものが御座います。どのような怪我であっても、早めの治療を心がけることが大切です。

スポーツの種類によって怪我をしやすい部分というのは異なります。サッカーによる怪我の中で多いのは、脚を中心としたものです。
捻挫や打撲、肉離れや腰痛、膝痛など、相手選手からのタックルやスライディングを受けて転倒してしまったときや、ボールを蹴りだす動作や毎日の走りこみなどによって起こります。

サッカーによる怪我をしてしまっても、プレイヤーの皆さんはちょっとの痛みだったら我慢してしまおうと思ってしまいがちです。大切な試合が控えているために今練習を休むのはちょっと…と思って治療を受けずにいるとより酷くなってしまって強い痛みになったり、痛む部分をかばう格好になってしまうために別の部分まで痛くなってしまうこともあります。早めの治療開始が早めの回復につながるのです。

仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院ではサッカーによる怪我に対しての専門治療をおこなっており、出来るだけ早くプレイ復帰が出来るように努めております。
また、サッカーによる怪我は外傷だけでなく、オスグットやジャンパー膝、ランナー膝などといった障害もありますので、気になる症状があるという方はお早めに仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院までご相談ください。

テニスプレイヤーに付き物とも言える障害である「テニス肘」。部活動に励む学生さんや、趣味で楽しんでいる年配の方、本格的にプレイされているアスリートの方など、どのような方にも起こりえる障害です。
最初は、ラケットでボールを打ち返す際に痛みが出てくることでしょう。その時点でお早めに仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院にて治療を開始していくことが大切です。

適切な治療を受けずにそのままにしておいて、どんどん症状が進行していってしまいますと、テニスをしているとき以外でも日常生活の動作の際にまで痛みが出てきてしまうことも多いのです。
テニス肘の痛みがあらわれたときには、無理をせずにすぐにプレイを中止しましょう。早い完治を目指すのであれば、思い切って練習を休むということも必要になります。

仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院では、テニス肘の再発予防にもなる正しい身体の使い方(フォーム)も指導いたします。また、自分の筋力以上の無理な運動をせずに、プレイ後にはしっかりとケアをしておくということも忘れないようにしてください。
この先もテニスを長く楽しめるように、仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院にてテニス肘治療を受けて改善させておきましょう。

スポーツ障害というのは、日ごろのスポーツの際に繰り返し同じ動作をすることによって、一部分に負担がかかり過ぎてしまうことによって引き起こされます。痛みが出たり、運動制限があったり、全身さまざまな部位に起こりえることがあります。
主なスポーツ障害として、野球やゴルフ、テニスなどによる肘や肩の痛み、バスケットボールやバレーボールによる膝の痛みなどが挙げられます。
特に、成長期のお子さまに起こりやすい症状でもあります。

仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院では、どのようなスポーツ障害であっても効果的に治療をしていくことが出来ますので、痛みを感じたときには早めにご相談ください。
スポーツ障害の痛みがあっても、練習を休みたくないために無理をして続けてしまうという方も多いのですが、我慢していると徐々に悪化してしまって完治までには相当な時間が必要になってしまったり、後遺症が残ってしまうということも御座います。

仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院には専門治療が御座いますので、たとえ軽い痛みでも軽いうちからしっかりと完治させていけるようにお手伝いいたします。これから先も楽しくスポーツを続けていけるように完治を目指しましょう。

年齢と共に膝に痛みが出てきたという方もいらっしゃることかと思います。筋力低下によって、知らず知らずのうちに身体のバランスが悪くなってしまい膝の軟骨が磨り減ってしまうことによって痛みを引き起こすのです。
痛みだけではなく、水が溜まってしまったり、上手に動かせなくなってしまうなどの運動制限が出てきてしまうこともあり、症状や程度は人によって異なります。
こうした状態は、年齢のせいかだから仕方が無いとそのままにしてしまいますと、どんどん悪化してしまい膝関節を変形させてしまいます。もし重度の変形になると、完治させることは難しくなってしまうために、早めに仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院までご相談ください。

適切な膝の治療を受けていくことによって、関節の動きを良くしてあげて、痛みも取り除いていくことが出来ます。
仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院の膝の治療は、膝部分だけへの施術ではなく、股関節や骨盤の矯正など、全身のバランスを診て整えていきます。
このような施術をすることによって、一時的に痛みを和らげるのではなく、根本からの改善につながるのです。

また、スポーツによって膝に外傷を負ってしまったという患者様への膝の治療もおこなっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

手や足の先が冷たくなりがちで、夜寝付けなかったり、朝起きてもスッキリとしなかったり、胃腸の調子がいつも悪かったりといった方は冷え性という症状であり、単なる寒がりとは違います。

これは、自律神経のバランスが乱れてしまっていることが原因であり、病院でお薬をもらったとしてもなかなか改善されることはありません。
冷え性の症状は、冬の寒い時期だけではなく、季節を問わずにあらわれます。暑い時期でも冷房を入れっぱなしの部屋にいることが多いという方は特に気をつけなくてはなりません。

仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院では、この冷え性をしっかりと原因から改善させていくことが出来ます。
骨盤や背骨などの骨格の矯正によって整えていき、自然治癒力も最大限引き出してあげることによって、乱れていた自律神経・血液・リンパなどの流れを正常な状態へと戻してあげるのです。

冷え性によって肩こりや首こり、頭痛、腰痛、膝痛などの症状があらわれてくることもあります。全身のさまざまな不調として出てきてしまうために、しっかりと治すことをお勧めします。毎日すっきりと快適な生活を送るためにも、一度仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院までお問い合わせください。

仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院で坐骨神経痛・しびれを解消

お尻から太もも、そして足の甲といった神経の走行部位に症状が出てくる坐骨神経痛・しびれ。この症状は、椎間板ヘルニアや脊椎分離すべり症、変形性脊椎症などを始めとして、さまざまなものが原因となってあらわれてくるものです。
こうした原因は、病院にて手術を受けないと改善されることは無いと思われている方も多いのではないでしょうか。しかし、仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院での治療によって、坐骨神経痛・しびれを解消させることも可能なのです。

特に重要なのが、骨盤を始めとした骨格のゆがみやねじれです。骨格の問題により、神経経路の流れが悪くなっており、坐骨神経痛・しびれが引き起こされてしまっているということが多いため、仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院では、骨盤矯正などの施術を組み合わせながら治療をしていきます。

坐骨神経痛・しびれの症状の範囲や程度、原因などは患者様お一人お一人異なります。そのため、改善される期間につきましては個人差が御座いますが、中途半端にせずに最後まで治療を受けていただくことによって、今までのつらい状態を抜け出し、快適な生活を取り戻すことが出来るようになりますのでご安心ください。

仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院で症状に合わせた腰痛治療

腰痛を抱えているという方はとてもたくさんいらっしゃいますが、患者様ごとにその種類(原因)や痛みの程度、範囲などが異なるために、仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院ではまずしっかりと患者様のお身体の状態を確認してから施術をいたします。ただマッサージをしたり、電気を当てたりといったような治療では御座いません。

消化器官や泌尿器、生殖器などの内臓に疾患があるタイプ、ストレスなどの精神的なものが原因になっているタイプ、そしていちばん多いのが骨格のゆがみや、筋肉の炎症などによるタイプです。
腰痛を改善させるために病院で色々な検査を受けたことがあるという方も多いことでしょう。しかし、原因が見つからないという場合には、実はこの骨格のゆがみが原因になっているということがほとんどなのです。

まだ軽い痛みだから我慢出来ると思っていても、早めに仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院にて治療を受けませんと、後々ギックリ腰や椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などといった症状を引き起こすキッカケとなってしまうことも多いのです。
ですので、更に強い痛みに変わってしまう前にたとえ軽い痛みであっても、お早めの腰痛治療開始をオススメいたします。

緊張型頭痛の根本治療なら仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院

頭痛が起こると、そのたびにとりあえず鎮痛剤を飲んで抑えているという方も多いのではないでしょうか。しかし、その原因まで細かく探っていくと、実は筋肉の緊張によって引き起こされていることが多いのです。
特に病気でも無いのに、たびたび起こる頭痛。仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院にて骨盤や背骨の矯正治療を受けていただくことによって根本治療につながります。

猫背で姿勢が悪かったり、デスクワークなど長時間同じ姿勢でいたりすることによって、徐々に骨盤や背骨にゆがみが出来てしまいます。そうすると筋肉が緊張してしまって血行不良を起こしてしまうのです。
こうしたタイプの頭痛を抱えている方というのは、同時に肩こりなども抱えていることが多くいらっしゃいます。

骨盤というのは全身の骨を支えている土台となっておりますので、骨盤がゆがむことによってそこから伸びている背骨や頸椎、頭蓋骨にまで影響があるのです。
仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院にて骨盤矯正をすることで、徐々に全身のバランスが正常な状態へと戻っていき、今まで慢性的に抱えていた頭痛も解消されていきます。鎮痛剤を飲む必要もなくなりますので、健康的に過ごせるようになります。

肩こりの症状を改善させるためには、ただ硬くなってしまっている肩の筋肉を揉みほぐせば良いと思われている方がほとんどでしょう。コリをほぐすことによって、気持ち良く軽くなったようにも思うのですが、慢性的な症状はなかなか改善しません。一時的に楽になったとしても、またつらい症状がすぐに出てきてしまうのです。

そのため、仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院での肩こり治療は、肩部分だけではなく全身のバランスを診ながら施術をおこなってまいります。
骨盤や背骨にあるゆがみやねじれを治す矯正治療も組み合わせたりして、肩以外の部分へのアプローチもしていきます。
肩こりとは関係無さそうに見えても、大元の原因が違う部分にあることが多いため、その原因から改善させていくという効果的な治療内容ですのでご安心ください。

放っておくと頭痛やめまい、吐き気、腕や指先の痺れなどが出てくることもあります。こうした症状をお薬で抑えていたとしても、解決にはいたりません。
慢性的で頑固な肩こりを抱えているという方も、仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院での治療にて原因から取り除いていきましょう。
また、ストレスを溜めない、姿勢の悪さを直す、など普段の生活で気をつけていくことも大切です。

交通事故による怪我は、仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院においても自賠責保険など自動車保険を使用して治療を受けていただくことが出来ます。この場合には、患者様は治療費の負担も無くなりますし、交通費や休業損害費用なども補償されます。
さらに、慰謝料につきましても、仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院に通院した場合と整形外科などの病院に通院した場合、どちらも同額を受け取ることが出来ます。

自賠責保険を使用した治療を受けたり、慰謝料を受け取るためには病院でないといけないと思われている方も多いのではないでしょうか。また、保険会社からも病院に通院するようにと勧められることも御座いますが、仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院への通院でも病院と同様の補償がされますのでご安心ください。

慰謝料を始めとした賠償金をしっかりと補償してもらうためには、交通事故後に正しい連絡、お手続きをしていかないとなりません。軽い事故だからと言って示談にしてしまったりすることの無いようにしましょう。もしお手続きなどに関して分からないことや、お困りのことが御座いましたら当院までお気軽にお問い合わせください。

交通事故の際に使用する自動車損害賠償責任保険、いわゆる自賠責保険ですが、これは必ず加入が義務付けられている強制保険とも言われているものです。自動車、バイク、原付など公道を走る車両は自賠責保険に加入しなくてはなりません。

人身事故の場合にだけ補償されるものであり、物損事故では対象外となります。足りない部分は任意保険にてカバーしていく形になります。

交通事故によって怪我をしてしまった場合、仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院にて治療をしていく際にはこの自賠責保険を使用することが可能です。患者様ご自身は窓口での治療費負担は御座いません。

保険を使用して治療を受けるとなると、病院でしか保険が利かないと思われている方も多いのではないでしょうか。仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院は各種保険を取り扱っておりますので、自賠責保険を使用して専門的な交通事故治療を受けていただくことが可能なのです。

さらに治療費のほかに、休業損害費や、慰謝料、通院交通費などの補償も御座います。保険のお手続きに関して分からないこと、お困りのことなど御座いましたら、仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院までお気軽にご相談ください。

仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院では、自賠責保険や任意保険などといった事故の保険を使用した交通事故治療が受けられます。
しかし、実際に事故の保険を使用して治療を受ける機会というのはほとんど無いと思いますのでお手続きに関してや、保険会社とのやり取りで困ってしまう患者様もたくさんいらっしゃいます。

仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院では、こうした事故の保険についてのご相談も受け付けておりますので、一人で抱え込まずにお気軽にお問い合わせください。

事故の保険を使って仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院にて交通事故治療を受けたいという場合、保険会社から病院での治療でないと使えない、などと言われてしまうケースもあります。何処で治療を受けるのかは患者様が決めることです。

出来るだけ保険会社側に都合の良いように進められてしまって、それに全部従ったために患者様ご自身が納得いく治療を受けられなかったり、損をしてしまったりということも考えられます。
もし分からないことや疑問、納得出来ないような点が御座いましたら当院までご相談ください。
経験豊富なスタッフがしっかりとサポート、アドバイスをいたしますのでご安心ください

高速事故は一般道での事故に比べると発生件数は少ないのですが、一度高速事故を起こしてしまうと、かなり重大なことになってしまい怪我の程度も重症化してしまいます。
スピードの出しすぎなどの無謀な運転や、居眠り・わき見運転など、ちょっとしたことが原因であっても、高速道路でスピードを出している状態で接触を起こせば死亡事故につながってしまうことも少なくありません。
一般道での運転以上に集中して安全運転を心がけることはとても大切なことです。

仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院では、高速事故によって負ってしまった怪我に関しても効果的に治療をしていくことが出来ます。
意外に見落としてしまいがちなのが、むち打ち症です。頭を打ってしまっていたり、骨折をしてしまっているような大きな怪我をしてしまった場合には、まずは病院にてそちらの怪我を治すことに専念されるでしょう。

しかし、しばらくしてから急に首から背中あたりにかけて痛みが出てきたり、手足にしびれが出てくることもあります。これがむち打ち症の怖いところなのです。
仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院では専門治療によって高速事故のむち打ち症もしっかりと改善させていくことが出来ますのでお任せください。

自転車事故には、自動車やバイク、歩行者、自転車同士など相手との接触してしまうケースもありますが、自損事故の多いので気をつけなくてはなりません。
特に雨の日は地面が濡れて滑りやすくなっておりますので、ブレーキをかけたときにスリップしてしまって転倒したり、さらに傘さし運転をしていたりするとバランスが取れなくなってしまい転倒しやすくもなります。

擦りむいてしまったり、打撲や捻挫などを負ってしまい、痛みが出てきますが、なかなか痛みが引かずに続いてしまうということもあります。
自転車事故は特に自損事故の場合には自動車やバイク事故などとは違って、ただ転んだだけと思って軽く考えられてしまいがちです。しかし、打ちどころが悪く、衝撃によって骨格にズレが出来てしまっていつまでも痛みが取れなかったり、治ったと思ったのに突然痛みがぶり返してきたということもあるのです。

自転車事故後になかなか痛みがとれないというときには、仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院までご相談ください。
骨格のズレからきている痛みというのは、仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院にてしっかりと矯正していきませんと後遺症となって残ることも多いので、早めの治療が効果的です。

自動車事故によって怪我をしてしまったという場合、専門的な治療が必要となるケースも多いのです。ただ単に転んで怪我をしてしまったという場合とは違って、自動車事故では身体にとても大きな衝撃を受けることになります。
それによって、骨格にズレが生じてしまってむち打ち症を引き起こしてしまったり、普段の生活ではなかなか負うことのない怪我を負ってしまうことが御座います。

仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院は、交通事故治療に特化しておりますので、自動車事故の怪我のスペシャリストです。

病院で治療を受けているけれども、長期間症状が改善されない、少しずつ悪化しているような気がする…という不安をお持ちの方も是非仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院での交通事故治療をお試しください。

突然の自動車事故で怪我をしたけれども、一体何処で治療を受ければ良いのか分からない…と思われている方も多いでしょう。まず最初は病院にてレントゲンやMRIなど機器を使用して精密検査を受けてみてください。
異常が無いと言われたけれども、痛みや痺れ、運動制限があってつらいという場合には、お早めに仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院にご相談ください。

交通事故によってむち打ち症を負ってしまった場合には、後遺症が残りやすいと言われます。多少痛みが治まってきたからと言って、もう大丈夫だろうと自己判断してしまい治療を途中で止めてしまったという方に特に多くあらわれます。
そのため、むち打ち症は必ずしっかりと完治させておくということが大切なのです。症状は軽度のもの、重度のものなど人によって異なりますが、たとえ軽いむち打ち症であった場合でも、後遺症が残ってしまうということは御座います。
首や肩の痛みだけではなく、頭痛やめまい、吐き気、手足のしびれなどといった症状があらわれてくることもあります。

仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院では、後遺症のお悩みを抱えることの無いように、どんな症状も根本治療に努めております。治療終了の判断は専門家にお任せください。根気強く治療を続けていただくことが必要なケースも多いのですが、今後のお身体のことも考えて頑張っていきましょう。仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院のスタッフもすべての患者様が早く快適な生活を取り戻していただけるよう一生懸命取り組みます。

すでに後遺症の症状が出てきてしまっていてつらいという方も仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院までお気軽にご相談ください。

交通事故によるむちうち症は治らないものだと諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今までいくら治療を受けても改善されなかったため、時々後遺症が出てきたとしてもこれから先上手に付き合っていくしかないと思われている方、是非仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院でのむちうち治療をお試しください。

むちうち治療を整形外科などの病院で受けられている方も多いことでしょう。しかし、シップを貼ったり痛み止めを飲んだり、電気・牽引などといった一般的な治療を受けているだけでは、なかなか改善しないのがむちうち症なのです。
仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院では、柔道整復師の資格を持った専門家による手技療法を中心とした施術をおこない、改善させていくことが可能です。

何年も前に負ってしまった怪我の場合には、もう仕方が無いと諦めてしまいたくなる気持ちも分かります。ですが、仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院にてむちうち治療を受けていただくことによって、後遺症が起こる心配もない快適な生活を取り戻すことが出来るようになります。
患者様ごとの症状やお身体の状態に合わせた当院の施術をお試しいただき、その効果を実感してください。

 

交通事故は程度に関わらず毎日どこかしらで起こっているものではありますが、自分には関係ないだろうと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、たとえ自分が気をつけていたとしても、相手の不注意によって巻き込まれてしまう可能性もあるのです。

まさか自分が…と思っていると、実際交通事故に遭われてしまったときにはパニックになってしまいがちです。怪我をしているのにも関わらず、痛みを感じずにどうして良いのか分からなくなってしまうこともあるでしょう。
頭を打っていたり、強い痛みを感じる部位があるという場合には、まずは病院にて精密検査を受けることが大切です。

病院で検査を受けても異常が無かったということですぐに安心は出来ません。しばらくしてから首や肩、腰に痛みや痺れなどがある、吐き気やめまいがするといった症状が出てくることもありますので、その際には仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院にて交通事故治療を受けることをオススメいたします。

むち打ち症などの場合、検査をしても異常が見つけられないということも多く、仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院を受診されて初めて骨格のゆがみやズレが認められるということも多いのです。
当院では専門的な交通事故治療によって、こういった原因部分をしっかりと元の正常な状態に戻すことが出来ます。
交通事故治療で無いと、いつまでも痛みが続いて後遺症が残ってしまうことも御座いますので、早めの受診を心がけましょう。

 

交通事故のお悩みは、全て当院にお任せ下さい!

対応可能なご相談の例

バイク事故では、自動車事故とは違った怪我になることも多く、骨折や脱臼など大きな怪我も起きてしまいがちです。いくら自分で気を付けていたとしても、突然飛び出してきた自動車などと衝突したり、避けたりして転倒すれば、身体にはかなりの衝撃を受けてしまいます。
たまたま大きな怪我につながらずに、擦り傷程度で済んだと思っても、後になってから急に痛み出すということも多いのです。

見た目はなんとも無いのに首や肩が痛くなってきたり、頭痛が出てきたりする場合には、バイク事故によるむち打ち症の可能性が高くなります。
また、出血をしていなくても打ち身を負っていて後からアザになっていることに気づくこともあるでしょう。

仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院では、バイク事故の専門治療をおこなっており、骨折からむち打ち症、打撲などさまざまな怪我に対応しております。
病院で治療が必要なケースも御座いますので、まずは整形外科などで検査を受けていただくことをオススメいたしますが、特に異常が無かったという場合には仙台市青葉区二日町にある仙台メディカル整骨院での治療が効す。お薬だけでは完治しない症状も多いので、根本治療をするなら当院にお任せください。

 

「モトクロス」の画像検索結果

「モトクロス」の画像検索結果

「ばいく マー君」の画像検索結果

お尻から太もも、そして足の甲といった神経の走行部位に症状が出てくる坐骨神経痛・しびれ。この症状は、椎間板ヘルニアや脊椎分離すべり症、変形性脊椎症などを始めとして、さまざまなものが原因となってあらわれてくるものです。
こうした原因は、病院にて手術を受けないと改善されることは無いと思われている方も多いのではないでしょうか。しかし、仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院での治療によって、坐骨神経痛・しびれを解消させることも可能なのです。

特に重要なのが、骨盤を始めとした骨格のゆがみやねじれです。骨格の問題により、神経経路の流れが悪くなっており、坐骨神経痛・しびれが引き起こされてしまっているということが多いため、仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院では、骨盤矯正などの施術を組み合わせながら治療をしていきます。

坐骨神経痛・しびれの症状の範囲や程度、原因などは患者様お一人お一人異なります。そのため、改善される期間につきましては個人差が御座いますが、中途半端にせずに最後まで治療を受けていただくことによって、今までのつらい状態を抜け出し、快適な生活を取り戻すことが出来るようになりますのでご安心ください。

「坐骨神経痛」の画像検索結果

膝が痛い。若いときにはほとんど感じなかったのに、40歳、50歳あたりからはっきりと膝の痛みを感じ始めるという人が増えてきます。

調査(※)によれば、膝の痛みを感じ始める年齢でもっとも多いのが50代(28.9%)、次いで40代(25%※)です。40~50代といえば、働き盛り。

では、なぜ40代、50代から膝が痛みだすのでしょう? そこで、東京医科歯科大学運動器外科学教授(2017年より国立病院機構 災害医療センターの院長)の宗田大先生に伺いました。

(※科研製薬株式会社・生化学工業株式会社「ひざの痛みと対処法に関するアンケ―トより、有効回答数800」

変形性膝関節症とは

「40代、50代からの膝の痛みの多くは、変形性膝関節症です。変形性膝関節症とは、膝の関節内でクッションの役割をする関節軟骨がすり減り、骨と骨が摩擦を起こすようになって膝の関節が変形する病気です。その症状は、最初は①強ばるなどの違和感 ②階段を上り降りする際や立ち上がったときに出る痛む ③炎症によって腫れて痛むと言った具合に、次第に強い症状が出てきます。私が診ている病院でも、患者さんのほとんどが膝に痛みが出てから病院に来ます。しかし、この病気がやっかいなのは、痛みの強さと病気の進行度合いが必ずしも比例していないことなのです」

レントゲンの画像では、膝関節の変形がかなり進んでいるのに、あまり痛みを感じない人もいれば、鋭い痛みを感じる人もいるそうです。

「そこで、最初に、最も重要なことをお話ししておくと、少しでも膝に違和感を感じたら、整形外科に受診し、治療を始めることです。擦り減った関節軟骨はもとには戻りません。しかし、今以上、擦り減らないようにすることは可能だからなのです。また、膝の痛みの強さや変形の度合いに関係なく、また、変形性膝関節症か否かにも関係なく、膝の曲げ伸ばし運動を意識してやって欲しいということです。関節は、動かさなくなればどんどん硬くなって、機能低下を起こします。そして、やがて固まり、動きにくくなってしまうからです」

とくに働き盛りの中高年で、デスクワークの人は長時間座りっぱなしです。ですから、膝の痛みがある・ないに関係なく、時間をみつけて屈伸運動を心がけることが大事だということです。

内側の膝が変形するタイプの人が多い

さて、本題の変形性膝関節症ですが、そのタイプには2つあり、膝関節の外側がすり減る外側型、内側の関節がすり減る内側型です。その特徴は大きく異なります。

1、外側型は、ケガや病気などの二次性の要因

2、内側型は、加齢や肥満、O脚など一次性の要因

が多いのです。

ちなみに、膝関節にかかる体重の負荷は、内側7、外側3の割合ですので、負担の大きい内側型の変形性膝関節症の方、つまり加齢や肥満、O脚の要因の方が多いのです。

そもそも膝は、平の道を歩くだけで体重の3倍の負荷がかかり、立ったりしゃがんだりすれば体重の約7~8倍もかかります。このように、日常生活だけでも繰り返し酷使しているので、加齢によって繰り返し負荷がかかった膝軟骨が擦り減ってしまうのは自然現象ともいえ、仕方ないことでもあります。

「ただし、ご自身でできる有効な対処法としては、膝に負荷を減らすために体重を増やさない、О脚を治す、正しい姿勢で歩く、正しい靴を選ぶなどいろいろありますが、最初に申し上げたように、どんな方も、膝の曲げ伸ばしをすることが一番大事です。これは、膝周りの筋力強化をするためではありません。むしろ変形性膝関節症の方は、ハードな筋力トレーニングやランニング、ウォーキングで無理をすると、膝軟骨は余計に擦り減ってしまいます。ですから、ストレッチをする程度のゆっくりとした曲げ伸ばし運動が一番良いのです。これを続ければ、膝の機能は一生ダメになることはありませんから、ぜひ、毎日、膝の曲げ伸ばし運動を続けてみてください」

●寝違えとは?

一般的に「寝違え」と呼ばれる症状の多くは、首周辺の筋肉が軽度の肉離れを起こしている状態を指します。

人間の頭部は、正面から見た首の幅に対して中間の位置にあるのが望ましいのですが、睡眠中はどうしてもその位置からずれがちです。長時間にわたって首がおかしな方向に曲がったままになっていると、首の筋肉が部分的な阻血状態になり、筋肉も凝り固まりやすくなります。そのような状態で起床時に急に頭首を動かすと、寝違えが発生するのです。

例えば運動をするとき、ストレッチをせずにいきなり激しい運動をしたら筋肉を傷めてしまいますよね。それと同じで、睡眠中に凝り固まった筋肉をいきなり動かすと、軽度の肉離れが起きるのです。つまり寝違えは、寝ているときに生じるわけではありません。寝違えの原因は睡眠中に作られますが、寝違えの炎症が発生するのは起床時なのです。

寝違えの原因は、睡眠時に作られます。つまり予防のためには、就寝環境の改善が要になってくるのです。

 

●適度に寝返りが打てるよう、寝具を整えよう

実は、寝相の良い人は寝違えやすいと言われています。寝相の良い方は、就寝中に姿勢があまり変わっていない可能性が高く、筋肉・血流が凝り固まりやすいからです。

就寝時の姿勢と起床時の姿勢があまり変わらない方・寝相が良いと人から言われる方は、自然な寝返りを促す就寝環境を作るようにしましょう。例えば、マットレスは硬めのものがおすすめです。低反発や柔らかい素材は寝返りが打ちにくくなるので、避けましょう

 

●首に負担がかからない高さの枕を使おう

枕は、頭が本来あるべき位置(曲がっても反っても横に倒れてもいない位置)に来る高さのものを使いましょう。あまり寝返りを打たない人でも、枕の位置を正しくセッティングするだけで寝違えのリスクは随分減ります。

 

●寒い環境で寝るのは避けよう

寒い環境で寝ると、血流悪化・筋肉硬直しやすくなります。冬場はもちろん、夏場もクーラーで冷やしすぎないように気をつけましょう。

 

●泥酔状態・過度に疲れた状態で寝るのは避けよう

お酒を飲んだ後は寝違えが起こりやすいと言えます。その理由はふたつ。

ひとつは、筋肉内の血流が低下しやすくなること。もうひとつは、酔っていると感覚が鈍くなるため、寝返りの回数が激減することです。また、過度に疲れているときにも、お酒を飲んだときと同じことが起きやすくなります。

飲酒後やいつもより疲れているときは、寝る前に経口補水液などでミネラル分を補給するのがおすすめです。ミネラル分摂取は血流の低下を防ぎ、寝違えの予防につながります。

「寝違えストレッチ」の画像検索結果

「寝違えストレッチ」の画像検索結果

当院では、「ぎっくり背中」でお困りで、色々なところに行ったけど、良くならなかったという方もいらっしゃいます。

「ぎっくり背中」は安静にしているように言われることが多いようですが、安静にしていても、しばらく痛みが続き、なかなか良くならないケースもあります。

一度、背中に痛みが出てしまうと、何度も同じような痛みを繰り返してしまう方も多く、「今ある痛みを何とかする」ことも大事ですが、それ以上に「なぜ背中が痛くなってしまうか」という方に目を向け、痛くなる原因を探っていく方が大事ですよね。

近年では、ギックリ腰でも「安静にすること」が絶対ではなく、動かせる範囲で動かした方が、回復が早いとの報告もあります。

ぎっくり背中の場合も、痛みがあって動かすことが不安なお気持ちは理解できるのですが、動かせる範囲で身体を動かした方が、回復が早くなる場合もあります。

なかなか痛みが良くならないなど、お困りの方は、これ以上悪化しないように、ぜひ当院にご相談ください。画像に含まれている可能性があるもの:スケッチ

皆様こんにちは。 二月に入り冬らしい天気が多くなってきましいたね。

今回はギックリ腰についてお話しします。

 

重い荷物を持った瞬間、腰に激痛が…!「ぎっくり腰」はある日突然やってきます。
普段運動をしている人や若い人でもなる可能性のあるぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛症」。その名の通りいきなり腰が痛くなり、主に短期間でおさまる腰痛のことをさします。あの時、重い荷物を持たなければよかった…とか、ソファで寝落ちしなければよかった…などと悔やんだりしたことはありませんか?
でも、本当に「重い荷物」や「不自然な格好で寝ていたこと」が原因でぎっくり腰は起こるのでしょうか?あなたのぎっくり腰の原因を知って、予防、対処法を学びましょう。

ぎっくり腰の原因は内臓?ストレス?あなたのぎっくり腰の原因を探ろう!

実際ぎっくり腰の原因は特定しにくく、筋肉の過緊張や疲労、炎症などとされることが多いのですが、腰はなぜそんなに弱いのでしょうか?日本人の30代男性の背筋力平均は約130kg、女性は約80kgと言われています。いくら重い荷物を持ったからといって筋力を上回るほどの荷物を持ってぎっくり腰になったわけではないでしょう。日常の動作で腰を痛めたといった場合、筋肉だけでなく心身に何かしらの問題があったことが考えられます。

■あなたはどれに当てはまりますか?
☑ 睡眠不足、ストレスが多い
疲労の蓄積やストレスによる神経の興奮で筋肉が凝りかたまっていると考えられます。

☑ 運動不足、運動が苦手、カラダが硬い
運動量が足りないために筋肉内の血液循環が悪い状況と考えられます。

☑ 貧血
カラダを動かすために必要な栄養が不足し、筋肉や組織も栄養不足になっていると考えられます。

☑ 冷え性、寒がりである
カラダを温める力が弱く、外的要因による冷えで筋肉の柔軟性が不足していると考えられます。

☑ 血圧が高い、便秘がち、汗をかきにくい
組織の水分不足で筋肉の柔軟性が低下したり、靭帯などの結合組織が硬化しやすくなっていると考えられます。

あなたのぎっくり腰はどこが痛む?タイプ別対処法とは

腰痛と一言でいっても、腰の痛む場所によっておおまかにタイプが分けられます。カラダの弱い部分、使い方の癖などによって対処方法のポイントが違いますので、タイプに応じたケアを行うことが肝心です。

カラダの上半身と下半身をつなげている腰は、普段どのようにカラダを動かしているかによって痛むエリアが変わってきます。あなたの腰痛は主にどの辺りが痛みますか?

あなたのぎっくり腰はどこが痛む?タイプ別対処法とは

■腰の上部タイプ(赤)
腰の上部は上下のエネルギーを司っている部分です。この部分が痛む方は、上半身に向けてエネルギーを使っている習慣があるかもしれません。例えば、腕の上げ下ろしが多い、立ちっぱなしの仕事、頭脳労働など。このタイプは気(き=カラダを動かすエネルギー)の流れが滞っている可能性があります。気は上半身で滞りやすく、停滞すると血(けつ)を上手く巡らせることが出来ずに下半身に溜まりやすくなります。ふくらはぎの筋肉を鍛えて血を流れやすくし、上半身に上がった気を全身に戻すよう巡りを促しましょう。目を休めたり、アロマや音楽等でリラックスを促し自律神経の乱れを整えることも大事です。

■腰の真ん中タイプ(青)
腰の中心部はねじる姿勢の時にポイントとなる部分。ぎっくり腰に一番多いタイプかもしれません。胃腸が弱かったり、水分代謝に不調がおきやすく、むくみなどが気になりませんか?このタイプの人は、お腹まわりに力が入りにくいため姿勢が悪くなりがち。体幹の筋肉が弱いと、カラダを急に動かした時に弱さが出やすくなりますので、冷えを防ぎ、日常から姿勢を保てるよう体幹の筋肉をつけていきましょう。

■腰の下部タイプ(緑)
腰の下部はカラダを前後に動かす支点となる部分です。特に背骨の最下部、腰椎が骨盤とつながっている部分はカラダを反らす時の支点になっている部分ですので、反り腰など前のめりの姿勢は呼吸器に影響を及ぼすことも。まずは立つ時、歩く時などに重心が前後にぶれないように整えましょう。腰の反りは胸部の反りにも影響するため、呼吸に関わる肋骨周りのストレッチも効果的です。

 

ギックリ腰は疲労の最終形態ともいわれ、筋肉からの警告でもあります。 皆様充分ご注意を。。

こんにちは。

自費メニューの紹介です。

 

声の通り・質を上げたい。呼吸を深くしたい。肩にオススメ致します。

 

横隔膜調整・喉のマッサージ・表情筋マッサージ・胸郭の拡大等々

 

声に関する部分に対してアプローチしていきます。

 

気になる方はHPをご覧ください。

 

https://sendaimedical.com/

 

 

皆様年の瀬が近づいて参りました。

バタバタと忙しくなってると思いますが、当院の年末年始の営業日程をお知らせ致します。

 

宜しくお願い致します。

新元号も決まり、GWももう直ぐですね。 しかし10連休って凄いですね。 

こんにちは。院長の木戸です。

当院の目の前に、縦列駐車になりますが2台分止められます。 お車で来られる方はどんどんご利用ください。

こんにちは。新年号も『令和』に決まりましたね。 

平成最後の年、皆様は如何お過ごしでしょうか?

さて、10連休となる今年のGW。。 予定は決まりましたか?

当院は、患者様がくるかどうかは分かりませんが、お店を開ける事にしました。

4/27(土)10:00-17:00

28(日)休診日

29(祝)10:00-17:00

30(火)10:00-20:30

5/1(水)10:00-20:30

2(木)10:00-20:30

3(祝)10:00-17:00

4(祝)10:00-17:00

5(日)休診日

6(祝)10:00-17:00

 

の日程です。 状況しだいでは、早く閉める場合もあります。 予めご了承下さい。

詳しくは、HP・TELでご確認、問い合わせお願いします。

 

皆様お久しぶりです。 院長の木戸です。

段々と気温が暖かい日が多くなり、春間近ですね。

 

暑さ寒さも彼岸まで。とは良く言ったものですね。昔の先人達は。

 

さて、3月から事前予約制(当日21時まで受付)で、平日の月~金のみ深夜12時まで『施術』可能になりました。 

 

追加料金又は、自由診療のみではありません。  どんな症状でもOKです。

仙台の接骨院では、こんな遅くまでやってる所はないと思います。yes  多分。。

 

駐車場も有りますので、使い勝手も良いと思います。

 

ただ、予約が入って無ければ21時で終了しますので予めご了承ください。

 

詳しくはHPで検索して下さい。

 

今年は雪が少なくて助かってます。 こんにちは。 院長の木戸です。

二月も終盤。段々と春めいた天気が多くなり、冬から春に変わりはじめてきましたね。yes

さて、『接骨院』というとどんなイメージがあるでしょうか?  保険が使える。 ケガしたら行く。 等があるでしょうか?

実はそんな事はなくて、いわゆる慢性症状である『肩こり』・『腰痛』などの施術も得意としております。 また日頃の『メンテナンス目的』の施術も受付可能です。

ただ、その際は『保険』ではなく『自由診療』になってしまいます。crying じゃあ~整体・カイロ・マッサージ屋でイイやと思う事でしょう。。。ちょっと待って下さい。cool確かにそうかもしれません。

ですが、一番の違いは『国家資格者』 が施術致したします。  もちろん施術者との相性もあるでしょうが、一度お試しになられても良いかも知れませんね。 『初回限定』のサービスもございます。 まずはお気軽にお電話ください。wink

こんにちは。 仙台メディカル整骨院の木戸です。

2月になり朝晩が大分寒いですね。 皆様はお風邪等引かれてないでしょうか?

私は、不覚にも2ヶ月連続で風邪を引いてしまいました(;^ω^) 気を付けます。。

 

さて、接骨院でも交通事故の治療が受けられるのはご存知でしたでしょうか?

もちろん、病院さんとの併院も可能です。

病院は病院の良さがありますし、接骨院は接骨院の良さがあると思います。

気になった方は、まずはお気軽にお電話ください。

そして、

窓口負担金は0円

 

 交通事故は、適切な治療・保証を受ける権利が患者様には存在します。

しかし、自賠責保険の加入義務があるにも関わらずご理解されていないドライバーの方や患者様が多くいるのが現状です。

 

交通事故においては、

〇身体的苦痛【身体の痛み・しびれ】〇精神的苦痛【気分がすぐれない・不眠ぎみ】〇社会的苦痛【仕事能力の低下・休業など】

が発生する場合があります。

当院では、その苦痛を取り除けるよう専門的な知識・最適な施術を用いて早期回復に導けるよう常に努力しております。  

皆様こんにちわ。 院長の木戸です。

 

今月から、毎週土曜日限定でイベントを行います。

 

内容は、、『揉みほぐし整体』 30分 ¥3,500 ☞ ¥2,500 で施術させて頂きます。(完全予約制)です。

土曜日暇だな。 接骨院ってどんな所? どういう人がやってるの? 等。どんな理由でもOKです。

 

少しでも接骨院の入り口を広められたらなと。。

 

お待ちしております。

 

皆様、こんにちわ。 

 

お正月休みはのんびりされましたか? 私は、家の掃除や残ってる仕事をやったり、映画を見たりしました。 特に旅行をしたとかはないのですが、良い休日を過ごしたと思います。

 

今年の抱負は、通いやすい接骨院を目指せたらなと。。 個人経営ならではの。 大手接骨院では出来ない事等。 それは、料金面だったり・施術面だったり。 一言では難しいですが、とにかく頑張ります。

こんにちわ。

 

院長の木戸です。

 

最近、接骨院の看板を上げてても『完全自費』の所が増えてまいりました。 

 

当院は原因が分かる、腰・肩・首の痛み。そして、捻挫・打撲・肉離れなどは、患者様の負担を考えなるべく保険診療メインで行っていけたらと思います。

 

ただ、ある程度やった事に対してはそれなりの対価を今後は頂こうと。。 

色々な徒手療法を駆使してますし、

素人でもないもので。

時間も40分位行います(症状によりますが。)

 

なんで、接骨院はあくまで痛みを取り除く機関であり、健康保険も適用になります(明らかにダメなものもあり)

保険が使えて、マッサージが出来る所ではないです。 そこは、ちゃんと自費コースで用意しております。

 

これからは施術する側は勿論、患者様側にもある程度保険の事を分かってもらえたらなと。。

完全自費にはしないと思うので。。