MENU

宮城県仙台市青葉区 仙台メディカル整骨院

ヘッダー

健康保険適応施術

朝、眼がさめた時に頸部(けいぶ)(首)の疼痛(とうつう)、とくに運動時の痛みを感じることがあり、このような状態を「寝違い」と呼びます。

 

 

ただし、寝違いというのは頸部周囲の靭帯(じんたい)や筋肉の急性炎症による痛みの総称で急性疼痛性頸部拘縮(きゅうせいとうつうせいけいぶこうしゅく)と呼ばれることもあります。

 

 

原因は何か?

 

不自然な姿勢で眠り続けた時に起こります

 

 

通常は頸部に痛みが生じたり、違和感を覚えた場合には、眼がさめたり、無意識のうちに首の姿勢を変えますが、疲労や睡眠不足などで不自然な姿勢で寝続けてしまうことがあります。

 

 

睡眠時の姿勢が問題で、首の関節や筋肉にかかっていた負担が原因の場合に生じると考えられています。

 

 

長時間の不自然な姿勢、睡眠中の体の冷え、疲労・過労、頸部や肩甲骨を動かした時に起こる頸部の捻挫です。

 

症状の現れ方

床時にある一定の姿勢をとった際に、頸椎の周辺に痛みが生じます。

 

 

頸椎の運動制限を伴う場合が多く、頭痛や背中の痛み、圧痛部やしこりを伴う場合もあります。

 

 

頸部の緊張が続くと、肩や上肢にいく神経のとおり道が頸部の筋肉で圧迫され、手のしびれなどがでます。

 

治療の方法

一般的に痛みは短期間で消えていきます。

 

 

原因が、頸椎の関節や筋肉・靭帯である場合、頸部の緊張を解くことが大切となります。

ギックリ背中・・
朝起きた時に急激な背中の痛みが走ることがあります。
背中の筋肉が緊張しすぎてしまい、ぎっくり腰とは違う場所の背中で痛みが強く出ることがあります。
 
3日以内でしたら、安静アイシングが基本です。こういう症状は特殊電療が特にオススメです。
ぎっくり背中
     

柔整マッサージ(柔道整復師が行う手技の事)は、一般的なマッサージ店が行う手技とは異なります。

簡単に表すと・・

一般的なマッサージ → リラクゼーション目的

柔整マッサージ → 痛みを取るマッサージ

になるかなと思います。

仙台メディカル整骨院は、カラダの構造を熟知した【柔道整復師国家資格】の資格を持った施術者が、骨格・筋肉・関節・動作・姿勢を最適な状態にするために、マッサージを含め、様々な手技を組み合わせた、他では受けることのできない施術法です。

 

 

【手技の方法と効果】

 

1)軽擦法 (なでる)
患部を撫で擦ることにより皮膚に刺激を与え、知覚神経を興奮させ、皮下の血管には血液が充満する。皮膚の栄養を増進させ、疼痛を緩解し快感を与える。

 

 

2)揉捏法(揉み捏ねる)
筋肉を掴み圧搾するような動作を繰り返す。筋組織を絞って、その中にある疲労素の病的産物をリンパ系に送り出し血管の循環を促して新しい血液を局所に送り込む。

 

 

3)圧迫法(指 圧)
圧迫刺激を加える。深部組織や内臓の病変に対応して現れる体表の圧痛点や反応点に施術する。

 

 

4)強擦法(強く摩る)
深部に向け押し付けながら円を描きつつ移動する。皮下及び深部出血、滲出液、組織の硬結、瘢痕の剥離に効果がある。

 

 

5) 叩打法(たたく)
軽快・律動的な打撃を加える。組織細胞の活力を高めたり、病的産物を粉砕する。

 

 

7)伸長法(伸ばす)
筋腱を伸ばし筋肉の興奮を抑え関節可動域の拡大効果を期待する。

上記が基本的な方法です。これを上手く組み合わせてその方にあったやり方で施術していきます。