MENU TEL

成長痛(青葉区二日町 仙台メディカル整骨院) | 宮城県仙台市青葉区 仙台メディカル整骨院

ヘッダー

成長痛(青葉区二日町 仙台メディカル整骨院)

2014.01.30

成長痛は、いわゆる骨端症(こったんしょう)とも呼ばれ、成長期に成長軟骨の部分に痛みを生じる障害です。

成長期ですから骨はどんどん成長するのに、筋肉によっていつも強く引っ張られているというような状況で、その「引っ張られる力」に、まだ固まっていない成長過程にある柔らかい軟骨が負けてしまい、炎症を起こしたり、ひどくなればその軟骨が剥離してしまって強い痛みがでます。

いつも激しいスポーツを行っている子どもに多く見られる障害です。

 

◎痛みの出る部分

小学2年生から5年生ごろには「かかと」、5年生から6年生ごろには「膝」、中学生になれば「腰」、という具合に成長する骨によって痛む部分が変わってきます。

これは成長期によって大きく成長する部分が違うからです。

ヒザや踵へかかる負担をできる限り軽くする為に、特に入念に運動前のウォームアップ~ストレッチ、練習中の休憩時間にもできればこまめにストレッチを行ってください。

運動後には痛みのある部分をアイスバッグなどで冷やすようにしましょう!

これにより患部の腫れが、かなり抑えられます。きっと痛みが和らぐのも実感できるはずです。

 

 

明日は治療についてご紹介します。