MENU TEL

大雪(青葉区二日町 仙台メディカル整骨院) | 宮城県仙台市青葉区 仙台メディカル整骨院

ヘッダー

大雪(青葉区二日町 仙台メディカル整骨院)

2014.02.15

 

東北また大雪の恐れ 太平洋側、山沿い60・平地40センチ

 日本列島は14日、発達中の低気圧の影響で、各地で先週末に続き大雪となった。東北の太平洋側では、15日から16日にかけて平野部でも大雪になる恐れがある。

 仙台管区気象台によると、15日夕までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で東北の山沿いが60センチ、平地が40センチ。降雪量は16日にかけて、さらに増える見込みだ。
 先週末と同様に、東北南部や関東甲信に記録的な大雪を降らせた「南岸低気圧」が、発達しながら日本の南海上を進んでいる。気象台は、大雪による交通機関の乱れや電線・樹木の着雪などに注意を呼び掛けた。
 東北では15日明け方から東寄りの風が雪を伴って強まり、太平洋側は大しけとなる見通し。15日昼すぎから夕方にかけての満潮時には、高潮にも警戒が必要だ。

◎仮設に残雪、警戒強化 除雪対応見直し 仙台市・石巻市

 南岸低気圧の影響で、東北地方は16日にかけて広い範囲で、先週末を上回る大雪になる恐れがある。あちこちに圧雪が残る仙台、石巻の両市では14日、自治体と住民が降雪に備えた。

 宮城県石巻市は9日に観測史上2番目となる最大積雪38センチを記録した。市は当初、融雪剤の散布のみを実施。路面にわだちや凸凹ができたため、各地で渋滞が頻発し、市民の批判が殺到した。
 市道路課は今回、初期対応を見直し、作業の委託先を7社から22社に増強したほか、エリアごとに担当を決めた。新たに10センチ以上の積雪があれば、幹線道路から除雪を行う。
 先週末に35センチの積雪を記録した仙台市では、降り積もる雪に、除雪作業が追いつかなかった。1週間近くがたっても、車や歩行者に踏み固められた雪は分厚い氷となって道路に張り付いている。
 市は除雪車110台を用意し、5センチ前後の積雪を目安に出動させる。作業に伴う道路の混雑を避けるため、除雪は車が少ない夜間を中心に行う。市道路管理課は「先週末の二の舞にならないよう、早めの対応を心掛けたい」と気を引き締める。
 東日本大震災の被災地の両市では先週、多くの仮設住宅でも敷地一面が雪景色となった。住民総出での雪かきをしたが、現在でも住宅周辺や駐車場には雪の山が残る。
 「先週末は3日間も雪かきにかかりきりだった」と言う石巻市中心部の仮設住宅団地に住む無職佐藤国男さん(71)は雪に備え、融雪剤を購入した。仙台市太白区のあすと長町仮設住宅自治会の佐々木友夫副会長(66)は「入居者の中には高齢者や体の不自由な人がいる。大雪になったら、雪かきへの協力を住民に呼び掛けたい」と話した。

 

(河北新報より)