MENU

バスケ(青葉区二日町仙台メディカル整骨院) | 宮城県仙台市青葉区 仙台メディカル整骨院

ヘッダー

バスケ(青葉区二日町仙台メディカル整骨院)

2020.08.08

バスケットボールによる怪我の専門治療を行う仙台市青葉区二日町の整骨院

足首の捻挫や、膝の靭帯損傷、突き指などバスケットボールによる怪我には全身色々なものが御座います。
ジャンプ動作が多いスポーツですので、膝に負担がかかってしまっていたり、着地したときに失敗して足首を捻ってしまうということが多いのです。

ちょっとした痛みだったら我慢してしまってそのままプレイを続行されるというプレイヤーも多いのですが、後になってからかなり大きく腫れてしまったり、痛みが強くなってきてしまうということも多いため、バスケットボールによる怪我を負ってしまった際には、早めに練習をストップして仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院までご来院ください。

また、バスケットボールによる怪我の中には、ジャンパーズニーという障害もあります。これはジャンプをする際の膝の曲げ伸ばしが繰り返されることによって起こるものです。ジャンプは、バスケットボールプレイヤーには欠かせない動作ですので、知らず知らずのうちに膝が損傷してしまっているということもありますので注意しましょう。

仙台市青葉区二日町の仙台メディカル整骨院での治療は、全身のバランスを診て正しい身体の使い方が出来るように調整もおこなっていきます。そのため、バスケットボールによる怪我をしにくい身体作りにもつながります。