MENU TEL

マタニティ治療 | 宮城県仙台市青葉区 仙台メディカル鍼灸整骨院

ヘッダー

マタニティ整体(妊婦施術)

整体を受ける目的

マタニティ整体とは、妊娠中に施術を受ける事ができる整体で、妊婦さんの体をほぐしながら骨の歪みを整えたりします。
体の不調や痛みを改善する目的のほか、逆子防止やリラクゼーション効果もあると言われています。

妊婦さんの施術について

『妊婦』というだけで、施術拒否する接骨院もあるようですが当院では『ドクターSTOP』がある様な特別の場合を除いて、どの様な症状の方でもお受けしております。
是非、ご相談してください。

妊娠は病気ではありません。ごくごく生理的な状態ですから、妊婦さんも肩を凝れば、腰が痛くなる事だってあります。

辛い症状を改善して、少しでも楽になることが、赤ちゃんにとっても良い環境を作ります。

妊娠中のお腹に負担をかけない様に注意しながら施術を行います。基本的に横向きメインになります。

主な効果

  • お尻の痛み
  • 肩こり・腰痛・膝痛・頭痛
  • むくみ改善etc…

妊娠中はホルモンバランスの変化によって自律神経が乱れ易いので、ツボ押し等で改善を図ります。神経の乱れをなくす事で、イライラでストレスの解消も期待できます。
+¥1,500-
※別途保険料金頂きます。

妊娠したら《健康チェック!》

まずは《プレママ健康度・簡単チェック》です。
下のチェック表を使って、あなたのプレママ健康度をチェックしてみてください。

  • 妊娠する前から疲れがたまっている
  • 現在ベストな体調とは言えない
  • 妊娠している現在も仕事などでハードな生活をしている
  • 妊娠中の悩み・ストレスがある
  • 食生活が乱れている
  • 食事の好みが偏っている
  • 睡眠の質・時間が低下気味・・・
  • 冷え性である
  • 頭妊娠してから体質が変わった…という実感がある
  • 現在、産婦人科でなんらかの診断・注意を受けている
以上の10のチェックのうち5つ以上該当するプレママさんはご自身の体調ケアを見直す必要があります。
あなた自身が気づかない内にダメージを蓄積している可能性があります。
そのダメージがおなかの中の赤ちゃんに影響する前に東洋医学的ケアでリセットすることが必要なのです。

妊婦になるとなんで腰が痛くなるの?

妊娠においては、お腹の重さで身体の重心が本来よりも前側に移動しようとします。
前側にある重心は背骨を反らすことで真っすぐな姿勢になりますが、妊婦さんの場合はお腹が大きくなればなるほど本来よりも背骨が反りすぎてしまうため、腰の痛みが起こると言われております。
また、妊娠後期においては女性ホルモン(リラキシン)の分泌が活発になり産道を開かせるため骨盤周の靭帯(骨と骨を結ぶゴムのような組織)がゆるみ骨盤が不安定になることで、腰痛が引き起こされます。

 

妊婦さんにケア(治療)は必要?

妊娠は母体にとってハードな仕事

妊娠はひとつの生命を誕生させる神秘的なできごと。
40週かけて“わずか0.1ミリの卵子”から約50センチもの大きさの赤ちゃんにまで育て上げるのです。

これは本当に大変なお仕事なのです。
当然、母体にも相当な負担がかかります。しかし、ほとんどのお母さんは“その負担を感じないまま”に出産、育児にいたります。

ダメージが現れるのは出産後・育児中

妊娠中に蓄積したダメージ、そして出産の疲労・消耗はすぐに現れないことの方が多いです。
このダメージの影響は、産後、育児中に現れ、お母さんを悩ませてしまいます。

産後の見られるダメージの影響

症状として見られるのは以下のとおりです。

  • 室温は暖かいのに、手足だけが冷たい
  • 夜、手足が冷たくてなかなか寝つけない
  • 朝、すっきり目覚めず、だるさを感じる
  • 肩や首の凝りを強く感じる
  • 下痢・便秘がちである
  • めまいや立ちくらみを起こす
  • 生理不順・生理痛がひどい
  • 疲れやすく、精神的に落ち込んだりする

以上の症状は、精密検査には異常が現れず自律神経の問題として診断されることがほとんどです。
しかし、本当の原因は別のところにあるのです。
そしてなにより“あなたの理想の育児”を行うためにはお母さんの元気と笑顔!健康が大切です。
そしてのその準備は今からしておく必要があります。
大幅に体力を消耗した出産後では間に合わないからなのです。

出産後の赤ちゃんへの影響

それともうひとつ、赤ちゃんの体質についても紹介しておきましょう。

『胎毒(たいどく)』という毒素体質

この胎毒とは字のとおり『母胎の中で赤ちゃんに蓄積する毒素』のことです。
この胎毒(たいどく)は様々な子どもの病気の原因になります。

  • 高熱
  • ひきつけ(けいれん)
  • アトピー体質
  • アレルギー体質
  • 夜泣き
  • かんのむし

等の症状の原因となる毒素体質が胎毒なのです。

『胎毒(たいどく)体質』の原因となるもの

胎毒の原因となる要素は次の3つです。

  • ストレス
  • 食事の質の悪化
  • 疲労の蓄積

現代の妊婦さんを取り巻く環境は想像以上に厳しいものです。
これら“ストレス” “食事の質” “疲労・過労”を避けて妊娠生活を過ごすことは困難なことです。
知らない間に蓄積する胎毒(たいどく)体質を今のうちから治療して解毒しておくこと。
こういったことにも新和接骨院の施術は有効です。

妊婦さんへの施術について

ご妊娠されている方で、何かしらのトラブルをお持ちの多数の患者様にご来院頂いております。

 

妊娠は病気ではありません。ごくごく生理的な状態ですから、妊婦さんも肩がこれば、腰が痛くなることだってあります!ましてや、初期のつわり、後期の腰痛やむくみは、避けようがない妊婦さん独特の症状が起きて当然です。独特な症状なので、それが標準的な辛さなのか、不安ですよね… 是非ご相談下さい。
辛い症状を改善して、少しでも楽になることが、赤ちゃんにとっても良い環境を作ります。母体の不快症状やストレスは、赤ちゃんの環境を悪化させます。赤ちゃんの成長を減退させることもあるのです。

院へのアクセス

仙台メディカル整骨院
【住 所】 〒980-0802 宮城県仙台市青葉区二日町13-26 ネオハイツ勾当台106
【TEL】 022-398-8345
 

大きな地図で見る