MENU TEL

楽天(青葉区二日町 仙台メディカル整骨院) | 宮城県仙台市青葉区 仙台メディカル鍼灸整骨院

ヘッダー

楽天(青葉区二日町 仙台メディカル整骨院)

2014.02.25

東北楽天・松井裕高評価 オープン戦好投先発へアピール

 

プロ野球はオープン戦が始まり、各球団は1カ月後の開幕に向けて戦力の見極めを進める。期待がかかる新人選手の評価を探った。
 キャンプで最も視線を集めたのは、東北楽天の松井裕(神奈川・桐光学園高)だ。甲子園大会で1試合22奪三振の新記録を樹立した左腕。1軍で調整を続け、23日のオープン戦では巨人打線を相手に2回無失点と好投。星野監督は「他のやつがだらしなければ十分ある」と先発ローテーション入りの可能性に言及した。
 広島の大型右腕、大瀬良(九州共立大)は早くも先発陣の一角として計算されている。22日のオープン戦では2回無失点と期待に応えた。けん制やクイックなど細かな技術の評判も上々だ。
 ロッテの石川(東京ガス)は投球術の評価が高く、先発入りを十分狙える。オリックスの吉田一(JR東日本、青森山田高-日大出)は紅白戦で制球の良さを披露した。先発候補のDeNAの柿田(日本生命)は右肘の張りでオープン戦登板を回避し、不安が残る。
 野手では捕手のアピールが目立つ。巨人の小林(日本生命)は強肩が武器。首脳陣も「実戦向き」と高評価で開幕1軍に近い。阪神の梅野(福岡大)は紅白戦で本塁打を放つなどパンチ力のある打撃で強い印象を残した。ロッテの井上(日本生命)も実戦で持ち味の長打力を発揮し、1軍が視野に入る。ヤクルトの西浦(法大)は堅実な守備で遊撃の定位置獲得を狙う。

 

(河北新報より)